食房 寺田

プロフィール

KO

Author:KO
徳島市南島田町の隠れ家でひっそりとお料理教室を営んでおります。
「習うより、先生が作ったお料理を楽しみたい!」という生徒さんたちのご要望にお応えして、改修した試食室を開放することにいたしました。
週がわりのランチを食べに来る感覚で気軽におこしくださいませ♪



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活用です


唐突ではございますが、前回予告のタイトル…

《夏野菜祭りだよ♪》

…でありますが、そのような東映まんが祭り的なタイトルはNGであると、講師により却下されてしまいました。

…しかし、

まぁ、更新内容は予定していたものと同じものでありますので問題は全くございません♪

ブログの更新、今月の私は珍しく乗りに乗り倒してます♪

…ではでは、

…それでは早速、遠く浜松の地より届けられた夏野菜の活用形を御披露目いたしましょう♪

received_豚軟骨デミトマ煮(夏野菜仕様) (2)

まずはトップバッター♪

豚軟骨デミトマ煮(夏野菜仕様)です♪

2017-06-23-夏野菜(2)

最初に、素揚げした夏野菜を特製のトマトソースの上に並べます♪

received_デミトマ(2)

そして、デミソースで煮込んだ豚軟骨で蓋をして完成です♪

因みに、この三枚の画像は別々の方の撮影でございます♪

皆様、伊達にスマホを振り回してパチリ!カシャリンコ!…とはやっておりませんね♪

各々お見事でございます♪

説明途中で少々脱線してしまいましたが、ここで老婆心ながら一言♪

この合体作業に入る際には…

「パイルダーオン!」

…そうシャウトなさいますと、言霊の力で料理の旨味は格段に上昇いたします♪

生徒の皆様方には特に実践してみる事をお奨めです♪

2017-06-21-ベーコンと夏野菜の焼きチーズカレー (2)

そして気になるセカンド♪

ベーコンと夏野菜の焼きチーズカレーです♪

コチラの品も先のデミトマ煮と同様、上下ダブルソース仕様でございます♪

下層が特製の濃厚カレー♪

上層が同じく特製のトマトソース♪

そして中央の仕切りが素揚げの夏野菜と、超厚切りカットのベーコンステーキ♪

最後にパルメザン系のチーズを頂上に散らし、バーナーで軽く焼き焦がせば完成でございます♪

…いやいや、

たまに変わった事をするのは楽しいですね♪

当食房では滅多にないオーダーでございますが、実は私、カレー系料理が得意中の得意なのでございます♪

…まぁ、ただ

カレー系の物は認知度が高い反面、理解度が低いという難点がございまして、過去にもカレーというだけで手抜きをされたと御小言を頂戴した事もございました。

お爺ちゃんが有無を言わせず食卓のソースをドバドバかけて食べる真っ黄色なカレーも、茶褐色に日焼けした現地の方が愛想よくナンと共に運んで来てくれる味わい深いカレーも、一定層の方からの目線では、所詮は単なるカレーという括りなのでございましょう。

なかなかに食とは難しいものでございます。

…以上、本日は二品の御紹介で終わりとさせて頂きます♪

明日が終われば明後日は免業♪

予定を入れて外出しておりますので、お電話を頂いても出るに出れない日曜日であると御理解いただければ幸いにございます♪


スポンサーサイト

進化途中です


昨夜の徳島県北部は、まるで小型台風が訪れたかのような豪雨でございました。

そして一夜明けた本日はといえば、晴れのち曇りのち雨のち晴れ…

…と、

終わらない円舞曲の様な三拍子が続く、山の天気も真っ青の目まぐるしい天候変化で一日が忙しなく過ぎました。

…いやいや、

いくら恵みの雨とはいえ、予報日初日からこれでは気前が良すぎて逆効果になるのでは?

…いやいや、

きっと物理世界共通の事項で、言うは易し的に匙加減というものが難しいものなのでございましょう。

…尤も、

天候は人為的にどうこうというものではございませんので、ここで匙加減という表現が正しいものなのかは不明でございますが…。

…さて、

ここでガラッとお話は変わりまして…

2017-06-19-ナポリタン(2)

新たな進化を遂げたナポリタンです♪

命名 グレンナポリタン 

特筆すべき武器は、ダブルハーケン的な迫力の立方体ベーコンと、スペイザー的立ち位置のパルミジャーノ レッジャーノ♪

因みにパルミジャーノ レッジャーノとは、イタリアチーズの王様と呼ばれる逸品でございます♪

このグレンに比べれば、従来のZやグレートなどは女子中学生の作った家庭科の課題も同然!

私、久方振りに鼻息荒々でございます♪

2017-06-19-チーズおろし器(2)

パルミジャーノ レッジャーノ&チーズおろし器です♪

「お好みの分量でストップかけてくださいね」

この言葉を掛けた時、依頼者の瞳に喜びの光が輝きます♪

2017-06-19-カプレーゼ(2)

トマトとアボガドのカプレーゼです♪

バジルソースが決め手の小サラダ♪

この日、当食房は軽くイタリアめいておりました♪

2017-06-19-ミニアヒージョ(2)

ミニミニアヒージョです♪

ここで国籍が変わりました♪

この流れでバーニャ カウダも!

…と思いましたが、

生憎とアンチョビを切らしておりましたので、ここは苦し紛れの代打でございます。

2017-06-19-野菜詰め合わせ (2)

最後になりますが、浜松在住の友人夫妻から不意に届けられた夏野菜の詰め合わせです♪

多分、御中元のつもりなのでございましょう♪

御亭主の方とは、もうかれこれ25年の付き合いになりますが、馬の脳の上にトカゲの脳が乗っかっているような頭の中身の彼にしては洒落た品のチョイスとも思いましたが、きっとこのナイスな届け物の発案は奥様の方でしょうね♪

この品々を使って何を作るか?

「友と誓ったこの平和 ただ一輪の花の為に シュートイン」  CV:荒波 和沙

…ではなく、

私、この友の思いは無駄には致しません!

私、無料で仕入れた食材こそが大事です!


次号 《夏野菜祭りだよ♪》 の巻に続く

  

雨の予報です


明日は雨の予報です。

…というか、

どうやら明日からが本当に梅雨らしい天気になるとか、ならないとか…。

何日か前のニュースによりますと、長い日照り続きのお蔭でダムから供給される水量に制限がかかるとか、田が干上がりかけて米が大ピンチだ云々とありましたが、そのような状況を考慮いたしますと、まさに明日からは関係者にとって《明日という日は明るい日と書くのね》的な、歓喜に満ち溢れた日々が続くものと推察いたします。

…しかし、

梅雨らしい長雨に入る期間が遅れたという事は、それだけ梅雨明けが長引く事にはならないのか?

…いやいや、

それはマタ二の次三の次という事にいたしまして、ここは素直に恵みの雨というものに感謝いたしましょう。

閑話休題

2017-06-18-お刺身盛り合わせ (2)

お刺身の盛り合わせです♪

去年より予約を受けていた法事料理のスタートを飾りました♪

2017-06-18-三種盛 (2)

三種盛りも法事仕様でございます♪

2017-06-18-全体像 (2)

全体像♪

まだまだ序盤でございます♪

2017-06-18-海老ワイン蒸し (2)

当食房の和食部門で絶大な人気を誇る海老の白ワイン蒸しです♪

相変わらず感は否めませんが、依頼者様のリクエストには極力応じなければなりません♪

2017-06-18-天麩羅盛り合わせ(2)

天麩羅盛り合わせです♪

思い切って油を変えてみましたら神が降りてまいりました♪

思い切っての一斗缶買いが私を達人への域に導きました♪

2017-06-18-牛タンシチュー (2)

牛タンシチューです♪

これこそが最高位の依頼者様からのリクエスト♪

牛タンの真ん中部分のみを選りすぐってコトコト煮込んだ逸品でございます♪

…と、

その後もチマチマとメニューは続いてゆくわけでございますが、残念な事に画像はここで終了でございます。

昨日の日曜日、私は軽く燃え尽きました。

来週の日曜日こそは絶対にお休みを頂こうと思いますが、多分…雨なのでしょうね。

もしも雨の日曜日などというものになったなら、私はこれ見よがしに大きなリュックを背負い、捻くれたカタツムリとして休日を過す事でしょう。



中華です


変ですね…。

梅雨入りした筈なのに雨が降りません。

これほど晴天が続きますと、細々としたバイクの手入れも存分にできたし、調子見がてらに走らせてみる事も十分にできました。

…尤も、

マトモな休日を頂ければというお話でございますが…。

…まぁ、

私の正当な免業要求はこの際といたしましても、どのみち6月の空に裏切られている事に何ら変わりはございません。

…やれやれ、

人が遊ぶ暇もないくらいに忙しい時に限っての晴天続きですか?

相も変わらず神様は、決して私のような者だけは愛してはくださらぬようでございます。

日本は諸外国と違い、米粒やら鍋やら茶碗やら、果ては道に山に海に等々と、古より所狭しとアチラコチラに神様が気前良く宿っておられる神様大国である筈なのに、誰一人として私を気にかけてくださる奇特な神様がおられないとは…。

…やれやれ、

毎度ながらにトホホな事でございます。

2017-06-15-麻婆豆腐2(2)

…さて、

本題でございます♪

今回は団体様指定の中華ランチでございます♪

2017-06-15-麻婆豆腐 (2)

まずは麻婆豆腐でございますが、コチラの物は蓋を開けた時のグツグツ感を演出する為に、今回はお馴染みの陶板を使用いたしました♪

因みに、下敷きの物は胡麻油を絡めたタケノコでございます♪

万が一の為の、焦げ付き予防の贄でございます♪

2017-06-15-中華前菜三種(2)

中華三種盛りです♪

白い皿を使用いたしますと、なかなか中華も粋に映ります♪

中華は大雑把な料理と思われがちでございますが、工夫次第では美しく化けてくれる変身料理であると、常々私は考えております♪


2017-06-15-中華スープ (2)

玉子の中華スープです♪

今回は久方振りの中華という事で、前日の夜からウキウキと仕込みに励んでおりました♪

本来ならば団体様には大皿料理の方が映えるのですが、残念ながら当食房のテーブルは円卓ではございません。

クルクル回る丸いテーブル…。

…欲しい一品ではございますが、置き場の確保が適いません。

2017-06-13-パイカ和醤油ソース (2)

煮パイカ(和醤油ソース)です♪

コチラは別日の物でございますが、前回の更新時に貼り忘れてしまいましたので、勿体無いオバケが現れる前にの投稿です♪

煮パイカ…と言えば、何となく垢抜けしたイメージが湧き上がりますが、とどのつまりは煮軟骨でございます♪

兎に角、とことん煮詰め倒してさえしまえば、何方様であられてもソレなりの結果が出せるという親切な食材でございます♪

…さて、

フト気付くと本日は木曜日であり、月の半分であり…

…ですか。

今週…というか、今回も土日は貸し切りです。

憎らしいほどの6月の晴天は一体いつまで続くのでしょうか?

私が暇になるまで持ちこたえてくれるのでしょうか?

…暇になった途端に長雨というオチだけは、本当に真っ平ゴメンでございます。



入梅です


とうとう四国地方も梅雨入りしてしまいました。

これから来月の末頃までは、やれ湿気が鬱陶しいだの、天気が悪いと気持ちが落ち込むだのと、北海道を除く日本中の皆々様が散々な思いで空を睨みつけるのでしょうね。

水無月?…

…水アリアリ月じゃん!

かくいう私も、徳島に移り住んでから毎年この時期になりますと、梅雨入り前にもっとバイクに乗ってやれば良かった云々と悔やんでみたりもいたします。

…が、

所詮は動かしてみたところで行くアテなどは皆無に等しい身の上でございますので、結局は学習能力の欠けた愚痴のようなもので終わってしまいます。

どうか梅雨明けまで無事でありますように…

7回目の梅雨本番も、こうして祈って終わるのが関の山でございます。

閑話休題

2017-06-07-エビフライ (2)

海老ブーム、未だ勢い止まらず。

今回のエビフライでございますが、仕入れた分が通常よりも小さめでしたので3連星仕様にいたしました♪

2017-06-07-全体像(2)

…しかし、

何故に海老はこうも人気者なのでございましょう?

この地方の方々のソウルフード?

それとも、当食房の所在地が偶然にも《海老大好きタウン》の御近所なのでございましょうか?

謎はジワジワと深まります。

2017-06-09-アメリケーヌソース1 (2)

「通常の倍額に見合ったアメリケーヌソースのパスタをお願いね♪」

お話を伺うと、そうとうの海老マニアな方だとか…。

私、腕を真上に伸ばして人差し指を立て、おもむろに軽く肘を曲げた後に、静かに頭部斜め即頭部を立てた人差し指で回すようにグリグリさせて考えました。

ポクポクポクポクポクポクポクポク…

背後から木魚サウンドの幻聴が流れます。

…チ~ン!

頭の中に電子レンジの完了音にも似た音が響き渡り、素晴らしい発想が浮かび上がりました。

海老とソースの二段重ねパスタ♪

名付けて…

《名古屋式 特上鰻丼型 パスタ》

…で、ございます♪

鰻丼、懐かしい響きでございます♪

その昔、名古屋に住んでいた折には外食の基本でございました♪

因みに私は、浜松産の物よりも一色産の物の方が好みでございます♪

その鰻…随分と高騰してしまいましたね。

今現在、お店で頂くと如何ほどの料金になるのでしょうか?

考えると身の毛がよだってしまいます。

2017-06-09-アメリケーヌソース2 (2)

先に土台を作り、その上へ嵩上げ用のボイル海老を並べます♪

パスタそのものに物量がある故に、出来るだけクドくならないようにソースは既存の物に作り足した物を加えて粘度を下げました♪

中心部からチラリと見えるボイル海老が高級感をそそります♪

2017-06-09-アメリケーヌソース3 (2)

完成形の直上画像です♪

豪気な200gの重量級パスタは、同じく豪気な依頼者のお腹の中にペロリと収められました♪

お見事でございます♪

…月に数回はこのような依頼が舞い込みますが、依頼してきた方に満足して頂けると、本当に感激の極みでございます♪

今更ではございますが、当食房にはメニューという物は存在しません。

アナタだけのメニューを作れるのはアナタ自身でございます。

………カッ………カッコイイ♪