FC2ブログ
A D M I N
topimage

2019-10

第3回 ゴジラ制作記です - 2019.10.13 Sun





10月2日 水曜日

この記事が世に出るのは10月13日(予定)ですが、書いている本当の日付は10月2日です。




DSC01883 (1) リプー&3号表紙




《週刊 ゴジラをつくる》




第3回目の作業内容ですが…




DSC01885 (1) リプー&解説2




…今回は、




【頭部に下あごを接着し、口中下と舌も接着する】




…という事でございます。




DSC01886 (1) リプー&パーツ類




…さて、

今回、第3号の箱の中に入っていたパーツ(部品)は…

下あご(外皮部品)
口中下(外皮部品)
舌(外皮部品)
腰部(PW骨格)


…以上の4点でございますが、

腰部(PW骨格)については、ゴジラの骨格を作成する時に使用するので保管しておきます。




DSC01887 (1) リプー&デザインナイフ




まずは下あご(外皮部品)の成型時にできた不要部分(バリ)をカットします。




DSC01888 (1) リプー&パーツ2




作業第一段階が終了♪

外皮の不要部分をカットする場合は、デザインナイフとハサミを状況に合わせて使い分けると楽チンです♪




DSC01889 (1) リプー&パーツ3




…次に、

これは組み立てガイドの順番と異なりますが、作業の効率を上げる為に、先に口中下の凹部分と舌の凸部分を接着し、更に下あごに、舌を接着した口中下を接着します。




DSC01892 (1) リプー&パーツ4




走り幅跳び的に作業第二段階が終了♪

リプー嬢、この段階で体力を一気に消耗した様子です。




ゴールまでは、もう一踏ん張り!




見守る私の掌がジンワリと汗ばみます。




5DSC01893 (1) リプー&パーツ




…ラスト、

創刊号でエルノ嬢が制作した頭部と、今回の下あごを接着します。




そして、これにて第3号の全作業工程が終了しました♪

お疲れ様のリプー嬢、ほっと安堵の溜め息です♪




閑話休題




冒頭の日付に関するお話ですが、実は私、前日の10月1日の夕方頃より急に高熱を出しました。

因みに、その時の体温は38.5℃

昨夜より頓服薬を服用して場をしのいでおりますが、これが今夜も発熱するようならば、まずは肺炎を疑わなければなりません。

そして肺炎と診断されれば入院することは必至。




今月は、私自らが四つ輪の車検を受けに陸運局まで走らなければならないところに、食房の予約も立て込んでいるという忙しい神無月でございます。




現在 10月2日 15:30

昨夜の発熱が何かの間違いで、今宵は平熱をキープできていれば良いのですが…。




ハロウィン準備です - 2019.10.11 Fri










DSC02020 (1) ハロウィンカフェ









DSC02022 (1) ハロウィンカフェ2









DSC02003 (1) エルノ カフェ









DSC02004 (1) エルノ バストアツプ









DSC01880 (1) ヴェル&ハロウィンチョコレート









DSC01881 (1) ヴェル&ハロウィンチョコレート2









DSC01903 (1) リプー&南瓜のオバケ









リプー ハロウィン4









DSC02036 (1) エクレア製造









DSC02037 (1) エクレア製造2




私はケルト人でもアメリカ人でもございませんが、我が家の妖精さん達の為に、今年の10月31日はハロウィンを祝いたいと思います♪




豚ヒレ肉のオニオンステーキです - 2019.10.09 Wed





キャッチフレーズは…




「玉ねぎソースに漬け込み、お肉を柔らかくジューシーに仕上げます♪」




DSC01992.jpg




オニオンソースが絶品と名高い、 豚ヒレ肉のステーキ。

使用するソースは、シャリアピン ・ ステーキから発展したとされるタマネギとニンニクを用いたシャリアピン ・ ソースを更にアレンジしたもの。




DSC01993.jpg




因みに、シャリアピン ・ ステーキとは…




…え~と、

ここからは説明担当の羽川ウィキペディアさんにお任せします。




シャリアピン・ステーキとは、牛肉を使ったマリネステーキの一種。

1936年(昭和11年)に日本に訪れたオペラ歌手、フョードル・シャリアピンの求めに応じて作られた。

日本以外の地域ではほとんど知られていない、日本特有のステーキ料理である。

当時歯痛もしくは入れ歯の不具合に悩まされていたシャリアピンの、柔らかいステーキが食べたいという要望に応えて、帝国ホテル「ニューグリル」の料理長だった筒井福夫により考案された。

肉を柔らかくするためによく叩いて薄くした牛肉をタマネギのみじん切りに漬け込む料理法が特徴である。

タマネギに含まれるタンパク質分解酵素の作用で肉が柔らかくなるとされている。

筒井はタマネギを使用する調理法の発想を、すき焼きから得たという説もある。




…という誕生理由から、

その後に応用 ・ 発展 ・ 進化したタマネギ系のソースが世に広まったそうでございます。




DSC01989.jpg




関係ありませんが、賑やかしのココット画像です♪

コチラのココットは、この日のコースの前菜でした♪




DSC01991.jpg




依頼者様よりの要望は肉料理。

予算的な問題もあり、メイン料理の食材は豚ヒレ肉と考えました。

…が、

この豚ヒレ肉、当初はヒレカツとして揚げてみようかとも思いましたが、依頼者様の年齢と性別を考慮すると…




あまり油ぎっているものも如何なものか?




…そのような疑問が湧き上がり、




《ヘルシーでありながらも、塊り肉としての主張が激しいもの》




…というコンセプトから、

今回のオニオンステーキに辿り着きました♪




DSC01996.jpg




…そして最後、

今回はデザートとして、プリン ・ アラモード(冷凍器仕様)を御用意させていただきました♪




…ええ、

ただ器が凍っているというだけの、何の変哲もないプリン ・ アラモードでございます。




…でもね、

その奇抜さをリピーターの方々は喜んでくれるのですよ♪




…まぁ今更ながら、

リピーターと言っても、そもそも当食房は料理屋ではございませんがね…。




地獄少女です - 2019.10.07 Mon










DSC02018 (1) あい 加工









DSC02016 (1) 閻魔あい









DSC02040 (1) あい彼岸花 超アップ









DSC02041 (1) 彼岸花









DSC02046 (1) 閻魔あい




閻魔 あい

地獄少女

表情があってはいけない。

動きがあってもいけない。

好きなキャラクターではあるが、撮るに難しいキャラクターでもある。

きっと、このコは我が家で一番の箱入り娘となることでございましょう。




「後はあなたが決めることよ」 CV:能登 麻美子




第2回 ゴジラ制作記です - 2019.10.05 Sat





皆様、お早うございます♪

…か、

こんにちは♪

…または、

こんばんは♪




この記事を書き進めているのは9月後半ですが、ブログとして世に出るのは10月5日(予定)でございます。

10月…

その頃には穏やかな秋が訪れていると良いですね♪




DSC01867 (1) ヴェル3回目




…さて、

いきなりですが、急ぎ足の本題へと入ります。




《週刊 ゴジラをつくる》




第2回目の作業内容は…




【右足首の不要部分をカットし、左腕のフレームを組み立てる】




…で、

ございます。




DSC01870 (1) ヴェル&パーツ




第2号の箱の中に入っていたパーツ(部品)は…

右足首(外皮部品)
可動腕(左中)
可動腕(左後)
M3ワッシャー×2
M3×10㎜タッピングネジ×2

…以上の5点でございますが、

更に、前回で使わずに保管していた可動腕(左前)も今回のパーツ類に加えます。






DSC01871 (1) ヴェル&解説




組み立てガイドを眺めていても、作業の簡単具合が丸分かり♪

今回もチョロイものでございます♪




DSC01873 (1) ヴェル&ハサミ




まずは最初に、右足首の不要部分(バリ)にデザインナイフで1㎝程度の切り込みを入れ、次は、その切り込みにハサミの刃を入れてカットします。




DSC01874 (1) 足バリ カット




作業第一段階が終了♪



DSC01875 (1) ヴェル&ゴジラ足




ヴェル嬢、調子に乗って喜びのポーズ♪

彼女は完全に高を括っているようでございます。




DSC01877 (1) ヴェル&1号パーツ




…そして、

ここで前回より保管していた可動腕(左前)の登場です。




DSC01876 (1) ヴェル&プラスドライバー




ヴェル嬢が、気合い入りまくりの精密ドライバーを持ち出しました。

…が、

実際にネジを回してみると、100均のプラスドライバーでも十分間に合うといった感覚でございます。




DSC01879 (1) ヴェル&完成パーツ




そして第2号の全作業工程が終了♪

ヴェル嬢、得意顔のピースサインで締め括ります♪




DSC02054 (1) ヴェル




…と、

思いきや。




…あれから10日が経過した9月30日のこと。

そろそろ重い腰を上げて、次に控える第3号に進もうかと考えていた矢先の事でございます。




DSC02055 (1) 不具合




改めて組み立てガイドを眺めておりましたら、可動腕の左前と左後の組み立てが不完全であった事に気が付きました。

ヴェル嬢、痛恨の大チョンボ…

…否、

最終チェックを怠った私のミスでございます。




DSC02056 (1) 完成パーツ




…そして、

業務終了後にドタバタと、問題の部分を組合せ、表側からネジ留めをして不完全部分を完成させました。




取り敢えずはセーフ!




今度こそは間違いなしの、第2号全作業工程の終了でございます♪




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KO

Author:KO
徳島市南島田町の隠れ家にて、ひっそりとお料理教室を営んでおります。

百聞は一見にしかず的な意味合いを含めた体験ランチの為に、2016年・10月より、改修した試食室を一般の方にも開放することにいたしました。

このブログは当食房の代表が随筆として綴る、風変わりな日常の記録でございます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (15)
牛肉料理 (14)
豚肉料理 (23)
鶏肉料理 (13)
魚介料理 (28)
複合料理 (38)
団体料理 (15)
子供料理 (22)
個人記 雑記帳 (91)
個人記 バイク (28)
個人記 小人形 (64)
個人記 中人形 (1)
個人記 大人形 (0)
個人記 ゴジラ (4)
個人記 交遊録 (7)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR