FC2ブログ
A D M I N
topimage

2020-02

第21回 ゴジラ製作記です - 2020.02.22 Sat






2月16日 日曜日 第2部



東宝チャンピオンまつり、いよいよ最終でございます♪




DSC03282 (1)1




…私、

頑張るところを完全に履き違え、この3日の間、仕事とは無関係なところで随分なマメさを発揮しておりました。




DSC03283 (1)2




【尾部フレームに尾部PW骨格左を組み付ける】




DSC03284 (1)3




…イベント最終の作業でございますが、




DSC03285 (1)4




今回は、組み立てガイドの内容を要約するまでもないという事が一目瞭然で分かります。




DSC03292 (1)5




今回、第21号のパーツ(部品)は…

尾部PW骨格左1
尾部PW骨格左2
尾部PW骨格左3
尾部PW骨格左4




…以上の4点でございますが、

第16号製作記事で、パーツ(部品)が段々ショボくなってまいりました云々と述べましたが、それが今回は、とうとう板っぺら4枚のみとなりました。

…ハイ、

それでも1号分の御値段は、変わらずの1843円+税でございます。




DSC03295 (1)6




…まずは、

第19号作業と同じ手順で腕フレームの可動テストを行います。




DSC03296 (1)7




…そして製作でございますが、

メインフレームの左側面を手前に向け、尾部フレーム上下3箇所にある溝の左端から、尾部PW骨格左の1、2、3と順番よく差し込み、最後に、尾部PW骨格左4の 【コの字】 の股の部分3箇所に米粒大ほどの木工用ボンドを塗り付けて、先に取り付けた尾部PW骨格左の1、2、3の切り欠きに合わせて差し込み、これで今号の作業は完了です。




DSC03297 (1)8




「はいナイスバード! お前ら全員に、ナイスバード!」 CV:宮野 真守




第20回 ゴジラ製作記です - 2020.02.21 Fri





2月16日 日曜日




昨日の土曜日は、正午前から仰天の晴れ間が広がりましたが、本日は、朝から予報通りの雨日となりました。




DSC03255 (1)11




《週刊 ゴジラをつくる》

…やっとやっとの第20号です♪




DSC03256 (1)12




【右腕のフレームを組み立てて腕部クランクに取り付ける】




DSC03257 (1)13




…今回の作業でございますが、




DSC03258 (1)14




奇しくもヴェル嬢は、過去、第2号の工程で左腕のフレームを組み立てた経験がございます。




DSC03259 (1)15




…であるからして、

ヴェル嬢にとっては今回の作業はチョロイもの♪

経験者大優遇の 【お茶の子さいさい】 というやつでございます♪




DSC03260 (1)16




今回、第20号のパーツ(部品)は…

可動腕(右前)
可動腕(右中)
可動腕(右後)
M3×8㎜タッピングネジ×6
M3×10㎜タッピングネジ×2
M3×6㎜ワッシャー
M3×8㎜ワッシャー

…以上の7点でございますが、

更に、第2号で製作して保管していた可動腕(左)も今回のパーツ類に加えます。




DSC03264 (1)17




…まず最初に、

可動腕(右前)の円柱状のネジ穴を、可動腕(右中)の穴に入れて組み合わせ、M3×6㎜ワッシャーを通したM3×10㎜タッピングネジで留めるのですが、この時、手応えが固くなったら締めるのを止めて、力を入れなくてもフレームがスムーズに回転するようにしておきます。




18




…次に、

可動腕(右後)の端にある円柱状のネジ穴を可動腕(右前)の穴に差し込み、組み合わせたパーツをひっくり返してネジ穴を手前に向けて、M3×8㎜ワッシャーを通したM3×10㎜タッピングネジで留めるのですが、この場合も先の手順と同様に、手応えが固くなったら締めるのを止めて、力を入れなくてもフレームがスムーズに回転するようにしておきます。




DSC03275 (1)19




…その次に、

メインフレームの右側面を手前に向けて、可動腕(右中)の先端にある筒状のネジ穴を腕部クランク右のつまみにはめ込み、M3×8㎜タッピングネジを回し入れ、手応えが固くなったら締めるのを止めて、指先をほんの少し、約10度ほど戻す感覚でひねって緩め、可動腕(右中)のフレームがスムーズに回転することを確認できたなら、可動腕(右後)の2つのネジ穴とメインフレームの2つのネジ穴の位置を合わせてM3×8㎜タッピングネジで固定します。




DSC03279 (1)20




…最後に、

今度は左側面を手前に向けて、第2号で製作して保管しておいた左の可動腕を、右側と同様の手順で組み付けます。




DSC03280 (1)21




…そして最後の最後に、

今回でガイド本が20号分溜まったので、保存用のバインダーが1冊完成しました♪

この無駄に大きく、重たくなってしまったバインダーですが、今後は何所に置いておくかで悩んでしまいます。




第19回 ゴジラ製作記です - 2020.02.20 Thu





「ゴジラを作る話はマメで丁寧なのに、どうして料理の話になると雑になるのですか?」




DSC03239 (1)1




…みたいな御小言を、

以前に常連の生徒さんから頂戴しました。




…ふむ、

特に意識はしておりませんが、ゴジラ製作の記事が丁寧であると思われる要因は、それは業務とは無関係だからなのではないでしょうか?




…そうですね。

例えるならば…




【大掃除の最中に見つけた古雑誌を熱心に読みふける】




…私にとってゴジラ製作とは、そのような行為と同一です。




DSC03247 (1)7




『ゴジラの背びれ ミニLED ライト』 送付のご案内




直送定期購読の特典らしいのですが…




DSC03240 (1)2




箱のサイズから考えるに、中身はあまり大した物ではないということが想像できてしまいます。




DSC03281 (1)付録




…ビンゴ!




DSC03243 (1)3




デアゴスティーニとしては、こんな頼りない光を放つオモチャを贈り付けてきて、いったい購読者に何をさせたかったのでございましょうか?




DSC03244 (1)4




【腕部ギヤの動作テストを行う】




DSC03245 (1)5




…動作テスト?

その言葉が並ぶだけで、エンジニア的な作業内容を予感します。




DSC03246 (1)6




…それから、

テスト用電池ボックスは単4形乾電池を2本使うので、あらかじめ用意しておかなければ受信基板カバーを取り付けただけで作業が終わりとなるので注意です。




DSC03250 (1)8




今回、第19号の箱の中に入っていたパーツ(部品)は…


受信基板カバー
テスト用電池ボックス
M3×18㎜タッピングネジ×2


…以上の3点でございます。




DSC03251 (1)9




…まずはテスト、

第18号までに作製したメインフレームの正面を上にして、腕部ギヤボックスケースから出ているコネクタ番号 【11】 のケーブルを脇から引き出し、赤色は赤色同士、黒色は黒色同士でテスト用電池ボックスのケーブルと繋ぎ、スムーズにクランクが回転するのを確認します。




DSC03253 (1)10




…そしてテストが済んだ後は、

受信基板カバーを第18号で組み付けた受信基板ベースに被せるようにして取り付け、M3×18㎜タッピングネジ2本で仮留めをし終えたら、これで今号の作業は完了となります。




…因みに、

動作テストを勘定に入れなければ、今回の製作は数十秒で済んでしまうものでした。




その為の場所を作り、道具を揃え、妖精さん達の着替えやポージング、その他諸々の撮影準備を整えて、そして肝心の製作が数十秒で終了する?




いったい何やってんだヨ! 俺っ!




…が、

でもまぁ…

事前に組み立てガイドを熟読していなかった己も悪いし、それに現在は、他の作業も抱き合わせて終わらせてしまうという主旨の作戦中なので、ここは一つ…




こんな日だってあるサ!




…と、

今号の無駄加減を泣いておく事にいたしましょう。




第18回 ゴジラ製作記です - 2020.02.19 Wed





2月15日 土曜日




気象予報は大きく外れ、朝方には雨も止み、そして正午前からは晴れ間が見えてまいりました。

…が、

いくら天気が回復しようとも、私の東宝チャンピオンまつり計画が頓挫することはございません。




DSC03200 (1)1




…そう、

言うなれば…




走り出したら止まらないゼ! 土曜の夜の天使サ!




…と、

いった心持ちでございましょうかネ♪




DSC03201 (1)2




【腕部ギヤボックスケースをメインフレームに組み付ける】




DSC03202 (1)3




今回の工程で、久々にメインフレームを触れるような気がします。




DSC03203 (1)4




このチマチマとしたメーカー指定の工程も、最初から2号分が1セットになっていれば、商品代金と製作日数が大幅に割り引かれるのではないかと思うのですが、でも、まぁ、しかし…

…それは言いますまい、言いますまいよ。




DSC03206 (1)5




今回、第18号の箱の中に入っていたパーツ(部品)は…


右メインフレーム上
左メインフレーム上
受信基板ベース
M3×8㎜タッピングネジ×14


…以上の4点でございますが、

更に、第14号で使わずに保管していたM3×8㎜タッピングネジ4本も今回のパーツ類に加えます。




DSC03210 (1)6




…それでは初めに、

第17号までに作製した、腕部ギヤボックスケースの六角シャフト両先端部に組み付けた腕部クランクを外し、腕部ギヤボックスケース左側面を手前、ケーブルが左下の向きになる位置関係で手に持ち、六角シャフトの先端を左メインフレーム上の大きな穴に通して5箇所のネジ穴を合わせて重ね、M3×8㎜タッピングネジ5本で固定します。




DSC03212 (1)7




…次に、

第14号までに作製したメインフレームと、腕部ギヤボックスケースを組み付けた左メインフレーム上の両方の左側面を手前にし、画像の状態で組み合わせる際に腕部ギヤボックスケースから出ているケーブルを挟まないように気を付けて、M3×8㎜タッピングネジ4本で固定します。




DSC03213 (1)8




…そしてその次、

受信基板ベースは円柱状のネジ穴があるのが表、平らな面が裏であると憶え、メインフレームの右側面を手前にし、先に組み付けた左メインフレーム上の2つの穴に、受信基板ベースの表が上になるようにして細い突起を差し込みます。




DSC03214 (1)9




…最後に、

先に組み付けた左メインフレーム上と同じ要領で、受信基板ベースの突起を右メインフレーム上の2つの穴と合わせ、腕部ギヤボックスケースの六角シャフトを右メインフレーム上の大きな穴に通し、全てのネジ穴を合わせて腕部ギヤボックスケースと右メインフレーム上、それからメインフレームとをM3×8㎜タッピングネジ9本で固定し、最初に外した左右の腕部クランクを元の位置に取り付け直して今号の作業は完了となります。




…と、

今回の記事で、予定している号数の半分を消化しました♪

この調子で残りの号数もヤっつけてしまえば、今月末頃に予定されている追加分が到着しても慌てずに済むというものでございます♪




…そう、

言うなれば…




昨日と今日の隙間を抜けて熱いハートを燃やすゼ! 流れるテールを追いかけ今夜はSatisfy!




…そういった心持ちの本日、

現在というわけでございます♪




第17回 ゴジラ製作記です - 2020.02.18 Tue





東宝チャンピオンまつり開催期間中の第2弾、ゴジラ製作、2月14日分の続きです。




DSC03187 (1)10




組み立てガイドの指示通りに作るだけなら10分もかからない作業ですが、その工程をアレコレしてブログに載せようとすると、楽に2時間以上はかかってしまうので…




ホント、いったい何をやってんだか?




…と、

講師や生徒さんに呆れ返られる今日この頃でございます。




DSC03188 (1)11




【腕部ギヤボックスケースを組み立てる】




DSC03189 (1)12




…今回の作業でございますが、




DSC03190 (1)13




…これで、

グリスに塗れたシャフトや歯車を組み込んだ腕部ギヤボックスケースの半身に、ようやく蓋を被せる事が叶います。




DSC03194 (1)14




今回、第17号のパーツ(部品)は…

腕部ギヤボックスケース左
腕部クランク左
M3×8㎜タッピングネジ×6
M3×8㎜皿ネジ




…以上の4点でございますが、

更に、第15号で使わずに保管していた腕部クランク右と、M3×8㎜皿ネジ1本も今回のパーツ類に加えます。




15




…まず1番目、

腕部ギヤボックスケース左の大きな穴に、第15号で製作したギヤボックスケース右に組み込んだ六角シャフトを通しながら、130モーターのケーブルを挟み込まないように注意して、左右のケースを組み合わせます。




DSC03196 (1)16




…2番目、

M3×8㎜タッピングネジを使い、指定された6箇所の部分をキッチリと留めて、腕部ギヤボックスケースの本体を完成させます。




DSC03199 (1)17




…3番目、

メインフレームのバッテリーボックスのコネクタには 【1】 そして、今回の腕部ギヤボックスケースのコネクタには 【11】 と、それぞれのコネクタに目印となる数字を書き込み、配線を繋ぐ際に悩まないようにしておきます。




…そして最後、

130モーターケーブルの出口が手前の下になるような位置関係で腕部ギヤボックスケースを手に持ち、腕部クランクのつまみがある面を表にして、ケースの両側から飛び出ている六角シャフトの先端に、向かって右側はつまみを上に、左側はつまみを下にしてはめ込み、M3×8㎜皿ネジで留めて今号の作業は完了となります。




…と、

兎にも角にも、それほどのストレスを感じることなく初日分のノルマを消化する事ができました。

残り予定数はアト4号分。

頑張るところがズレている事は承知しておりますが、そこは目を逸らして現実を遣り過ごそうかと思います♪




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KO

Author:KO
徳島市南島田町の隠れ家にて、ひっそりとお料理教室を営んでおります。

百聞は一見にしかず的な意味合いを含めた体験ランチの為に、2016年・10月より、改修した試食室を一般の方にも開放することにいたしました。

このブログは当食房の代表が随筆として綴る、風変わりな日常の記録でございます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (16)
牛肉料理 (14)
豚肉料理 (23)
鶏肉料理 (14)
魚介料理 (29)
複合料理 (42)
団体料理 (16)
子供料理 (25)
個人記 雑記帳 (118)
個人記 バイク (35)
個人記 小人形 (70)
個人記 中人形 (2)
個人記 大人形 (0)
個人記 ゴジラ (23)
個人記 交遊録 (7)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR