FC2ブログ
A D M I N
topimage

2019-09

キーマカレーです - 2019.06.29 Sat





キーマカレー(Keema Curry, Qeema Curry)は、インド料理の一つ。

挽肉を用いて作ったカレー料理。




《インドのキーマカレー》

「キーマ」とは、ヒンディー語(क़ीमा)やウルドゥー語(قیمہ)で「細切れ肉」または「挽肉」を意味する。

キーマカレーは「挽肉のカレー料理」と言うだけの意味に過ぎず、特定の調理法があるわけではない。

広大なインド亜大陸では地域や宗教により素材も料理法も非常に種類が多く、現地では日本のドライカレーとほとんど同じようなものから、煮こんだスープや肉団子のカレーなど、日本で見るキーマカレーとは似ても似つかないものもある。

肉は何でも素材にされるが、インドでは宗教的な食の禁忌により、羊や山羊、もしくは鶏肉を使ったキーマカレーがほとんどで牛肉・豚肉を使ったキーマカレーは少数派である(インドにはイスラム教徒も10%ほどおり、彼らは牛肉を使うこともある)。

素材は挽肉の他、ギー(インドバター)、 タマネギ、 ニンニクやショウガなどのスパイスが使われている。

またトマトやナスやジャガイモ、ヒヨコマメなどの野菜を加えたり、グリンピースを添えることも多く、ヒンディー語でキーマ・マタル(कीमा मटर)(挽肉とグリンピース)と呼ぶ。

ライスやチャパティと共に食べることが多いが、サモサやナンに詰めて食べることもある。




DSC00999.jpg




《日本のキーマカレー》

挽肉で作るドライカレーは日本で独自の発展をしているが、挽肉のカレーという点で一種のキーマカレーといえる。

日本で初めて鶏肉を使ったキーマカレーを出したのは、1954年創業のインド料理店アジャンタといわれている。

当時日本ではマトン肉が入手しにくく、その代用としてであった。




DSC00998.jpg




え~~~

…以上、

すっかり定番化させてしまった、羽川ウィキペディアさんの有り難い解説でございます♪




…で、

今回はキーマカレーの依頼を受け、天辺に温泉玉子を鎮座させた特別仕様を作り上げました。

…そして超ワタクシ事でございますが、

先日までキーマカレーはドライカレーの生卵仕様だと勘違いしていたことを報告させていただきます。




…だって、どの画像を見ても生卵が上に乗っかってるし、有名どころの大阪の店のヤツなんかどう見たってドライカレーにしか見えなかったし…ブツブツ




…あっ!

因みにですが、通常のカレーに生卵のトッピングは関西圏だけのデフォらしく、それが関東圏になると茹で玉子に変化するというお話も小耳に挟みましたが実際はどうなのでしょうね?

…まぁ、

カレーに限らずとも天麩羅に醤油orソース、目玉焼きにも醤油orソース等々と、地方によって色々とアレなことがございますので取り立てて首を傾げるようなお話でもない…かな。

…と、

天麩羅にも目玉焼きにも塩派の私は思いますが…




DSC00995.jpg




閑話休題

今回と次回予定(7/3)の料理記事用の画像ですが、私の使っている旧式モニターの映りの暗さを意識してISO感度と露出補正を上げて撮影したところ、思惑通りの明るい映りとなって満足しておりました。

…が、

これをノートやスマホで画像確認すると…




うげっ! スッゲェーーー露出オーバーじゃん!




…という事になってしまいます。

一番良いのは旧式モニターを新型に変更すれば済むお話なのですが、




そんなら面倒だから全取り換えだ!→…でも、旧いというだけで壊れているわけでもないし→…でも、でも→………




…差し詰め脳内は、実力が伯仲する黄金聖闘士同士が互いに一歩も動けず、いつまでも決着のつかないまま対峙し続けてしまう千日戦争(ワンサウザンドウォーズ)の如き状態に陥ります。




ううっ…うっうっ…宝クジさえ当たってくれれば、オメェにもこんな苦労はかけねぇ~で済むのに…うっうっ…




「お父っつぁん、それは言わない約束よ」




昭和式ナポリタンです - 2019.06.19 Wed





スパゲッティ ・ スパゲティー ・ スパゲッティー ・ スパゲティ …

…正しいのはどれなんだろ?

イタリア料理で使われる麺類の一種。

現在はイタリアの小麦粉料理を指してパスタという名称で統一している感があるが、紐のように細長い形状のヌードル系を指すソレは、昭和の頃には冒頭の呼び名が一般的であった。




日本で広く知られるようになったのは終戦後。

1945年から1952年まで続いた占領期にアメリカ軍兵士がレーションとして食べていたことからであり、大量生産の軍用食であったソレは、あらかじめ茹でた麺をケチャップで味付けした簡素なものが主流であった。

1960年代半ば頃には一般家庭でも料理されるようになったが、1980年代後半頃までは、アメリカ式のミートソースと日本生まれのナポリタンが双璧を成していた。

因みに平成に入る頃までのナポリタンの作り方は、予め麺を茹で置きしておき、注文に合わせて肉・ピーマン・タマネギなどを油で炒め、単純に市販のケチャップでからめてそのまま味付けとするという、ヤキソバのような調理方法が一般的であったし、レトルトのウドンのようなインスタント麺を使うことも多かった為、ソレがパスタと呼ばれるようになった今日の水準から見ればあまり美味とは言えないものもあった。

…が、

1980年代後半からのバブルによる【イタメシブーム】が火付け役となり、1990年代半ば頃より家庭でも徐々に本場イタリアの調理法を踏襲するようになった為に生麺の需要が増え始め、爆発的に日本のパスタ料理のレベルは上昇した。




DSC00872.jpg




ある日の気紛れ。

家で食べる分には問題なかろうと、久方振りに廃れた技法でナポリタンを作ってみたくなった。




DSC00873.jpg




沸騰した深鍋に乾麺400gを投入♪




DSC00870.jpg




麺の茹で上がり予定は10分後。

いくら昭和式ナポリタンとはいえ、メインの味付けがケチャップオンリーでは芸が無いと思い、この間にトマトソースを作る♪




DSC00876.jpg




茹で上がった麺を流水で冷やし、よく水を切ってからオリーブオイルを塗し、均等に分ける為に計量する♪




DSC00877.jpg




小分けしてラップに包み、必要な分だけ残してアトは冷蔵庫に保管する♪

…因みに、

茹で置き麺は意外に日持ちしないので、賞味期限は2日~3日と考えていた方が無難である。




DSC00874.jpg




…そして、

熱したフライパンで厚切りベーコンを炒める♪




DSC00875.jpg




…次に、

適当な野菜類を混ぜ込み、塩コショウで味を調える♪




DSC00878.jpg




最後に茹で置き麺を投入し、先に作っておいたトマトソースと合わせる♪




DSC00882.jpg




…で、

昭和式ナポリタンの完成でございます♪




《ナポリタン》


ナポリタンは、茹でたスパゲッティをタマネギ、ピーマン、ハムなどと共にトマトケチャップで炒めた洋食。

日本で創作された日本風パスタ料理であり、類似の名を持つイタリア料理のスパゲッティ・アッラ・ナポレターナとは異なる。




…以上、

羽川ウィキペディアさんの解説でございます♪




乾麺茹で置きの昭和式ナポリタン。

廃れてしまった技法でございますが、田舎と呼ばれる地方の小さな喫茶店あたりでは現在でも重宝されている調理法だとか。

ソレっぽいお店を見つけたら、見聞を広める意味でも一度くらいは注文しても良いのではないでしょうか♪




夏野菜のグリーンカレーです - 2019.06.13 Thu






6月12日 水曜日



この日の業務は13:00で終了。

このような場合の我が家の昼食時間は14:00頃になることが多い。

そして気分転換の庭パトロールの最中に、突如として昼食メニューが降りてきた。




昼メシはカレーにしとくかな♪




DSC00837.jpg




さっそく家の中に戻り、昼食のメニューがカレーに決まったことを講師に告げ、使える食材を確認する。




なんか…夏野菜率がエレェー高ぇーな




…生野菜であるが故に、使う予定のない物ならば腐らせる前に処分してしまいたい。

この瞬間、夏野菜でデコレートしたグリーンカレー構想が固まった。




DSC00843.jpg




ここで一手間を追加。

講師が担当するSNS的なモノの為に、インスタ映えを狙って白ゴハンをターメリックライスに変更。




DSC00847.jpg




…そして、

野菜類をオーブンで焼き上げている間に調合した香辛料と調味料で具材を煮詰めること約30分。

最後は、出来上がったアレやコレやをターメリックライスを中心に散らばせて完成。




DSC00846.jpg




一宮ブランドの有名カレーチェーンが、真夏限定で推しているような賑やかなカレーが出来上がりました♪




DSC00851.jpg




《グリーンカレー》


(タイ語:แกงเขียวหวาน、ゲーンキャオワーン/ゲーンキョワーン)は、日本でタイカレーと呼ばれるタイ料理。

正確にはカレー料理ではなく、タイ料理のゲーンと呼ばれる多様な汁物の中で、香辛料を利かせた料理を外国人向けに便宜上カレーとして呼称している。

ゲーン・キャオ・ワーンとはタイ語で汁物・緑・甘いを意味する。




…困った時の羽川ウィキペディア。

やはりウィキさんは何でも御存知でございます♪




DSC00848.jpg




…まぁ、

そんなグリーンカレー…

ゲーンキャオワーンでございますが、本格的に作るのであればソレなりに面倒です。

…が、

調味料や香辛料がソコソコ揃っている御家庭で作るというのが大前提ですが、ザックリ簡単に作りたいのであれば数種の香辛料やハーブをすり潰したペーストを炒め、ココナッツミルクやナンプラーに砂糖、アトは適当な野菜を粉砕し、具になる鶏肉か魚介類を加えて煮込めば30分程で完成させることも可能です♪

聞いたお話では、インドのお母さん方は日々のカレーを30分足らずで作っているそうです。

…ということは、

タイのお母さん方だって同じような調理時間で作っていても不思議ではございません。

日本のお母さん方がコトコトと何時間も煮込んで作るカレーもそれなりの情緒がございますが、アチラの国の飲み物っぽいカレーを作るのであれば、スパッとザックリで30分!

これからの時期、調理に時間はかけたくありませんからね…。




堅ヤキソバです - 2019.06.07 Fri





「お昼ゴハンは堅ヤキソバがいい!」




当食房の講師は、堅ヤキソバや横浜ラーメン、御飯系にいたっては中華飯などを好んで選ぶ大の餡かけ好きでございます。




DSC00596.jpg




堅ヤキソバ…。

何度か食べた記憶はございますが、正直なところ、ソレが堅ヤキソバだったのか皿ウドンだったのか、それとも上海ヤキソバだったのか?

更に正直なところ、そのドレであっても私の解釈では全てがジャンクフードのような物という認識しかなかったので、この日、この時までソノ物について深く考えるようなことは全くございませんでした。




DSC00597.jpg




《堅ヤキソバ》


五目餡かけ堅焼きそばという名称が一般的。

五目餡(肉、エビ、人参、タケノコ、椎茸など)をパリパリに揚げた麺の上にかけたもの。




《皿ウドン》


 ちゃんぽんの汁を少なくして配達時にこぼれないようにするため出前用にアレンジしたもので、見た目が皿に盛った焼うどんのようだったことから皿うどんの名が付いた。

長崎皿うどんには太麺 ・細麺があり、全国的に知られているのは、パリパリに揚げた細麺にちゃんぽんの具材(イカ、エビなどの魚介類、豚肉、キャベツ、もやし、カマボコ、チクワ等)で作った餡をかけたもの。




《上海ヤキソバ》


中国料理の一種。

焦げ目を付けた蒸し麺に、餡をかけたもの。

因みに本場の上海ヤキソバは饂飩より細く、蕎麦よりは太い麺を炒め、チンゲンサイや肉などを一緒に炒めて中国の醤油で味付けしたものである。

…だとか。




毎度ウィキさん頼りでは料理教室の代表としてアレなので、今回は手持ちの紙の本でそれなりに調べてみました。




…もうしないけど。




DSC00478.jpg




…そして、

タイとエビのカルパッチョ…みたいなもの…

…デス♪




…いやいや、

堅ヤキソバの材料が適当に余ったので副産物というわけでございます。




この日は休みだったので自堕落に昼から飲みたかったし、こういう肴を食べたかった気分だし…。

…つまりは、

免業日に講師に突かれ、面倒がって作った昼食の御紹介。

今回はそういうお話でございました♪




ある日の和食コースと天丼です - 2019.04.18 Thu





今年は長いこと咲いてくれていた桜の花。

…でございますが、

平野部では今週末に散りきってしまうかもしれません。




…ああ、

これは無駄に強風が吹き荒れる、プリンス・エドワード島内のお話でございます。




DSC00195.jpg




閑話休題

先日、戸建て住宅一軒分程の予算をつぎ込んで購入したデジカメでございますが…




「本来の業務に使用しないで何とする!」




…とまぁ、

講師から軽くお叱りを受けましたので、今回は久方振りのお料理教室ブログでございます。




…で、

上の画像はお馴染みの、海老の陶板焼き(待機状態)でございます♪

カメラ任せのオート撮影でございますが、変に弄くるよりはコチラの方が数倍マシであるという事に気が付きました♪




今までの私の苦労、完全に水の泡でございます。




DSC00198.jpg




…で、

コチラは旬の食材である新タマネギを使用した、蒸しタマネギの鶏そぼろ餡かけでございます♪




旬の食材…。

響きが良いですね♪

こういう言葉を使うと、このブログも何となくプロのソレに見えてくるので不思議なものでございます♪




DSC00196.jpg




賑やかしの三種盛り♪




…いやいやいや、

カメラ、マジでオートで全然イケちゃうじゃん♪




DSC00197.jpg




ただの炊いた米も旅館仕様みたいで素敵に見えます♪




天丼




そして最後♪

何故か上手い具合に食材が余ってしまったので、この日の我々の昼食は天丼に化けてしまいました♪




…いやいやいや、

実際は粗末な天丼でございましたが、写すカメラで印象はこんなに変わってしまうものなのですね♪




映像マジック恐るべし!




…でございますよ♪




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KO

Author:KO
徳島市南島田町の隠れ家にて、ひっそりとお料理教室を営んでおります。

百聞は一見にしかず的な意味合いを含めた体験ランチの為に、2016年・10月より、改修した試食室を一般の方にも開放することにいたしました。

このブログは当食房の代表が随筆として綴る、風変わりな日常の記録でございます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (15)
牛肉料理 (14)
豚肉料理 (22)
鶏肉料理 (12)
魚介料理 (26)
複合料理 (38)
団体料理 (15)
キッズ料理 (22)
個人記 雑記帳 (88)
個人記 バイク (27)
個人記 ドール (63)
個人記 ゴジラ (0)
個人記 交遊録 (7)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR