FC2ブログ
A D M I N
topimage

2019-05

続々・9年振りの淡路島です - 2019.05.30 Thu





アレ? そういえば近くに八王子神社が在る云々って、どっかの案内板になかったっけか?




…ここで思い付きの記憶ランプが点灯です。




DSC00639.jpg




安易な気持ちで神社仏閣に近寄ることを普段は控えている私でございますが、この日は数年振りのプ島県外ツーリングということで舞い上がっていたのでしょう。




DSC00624.jpg




天守閣から石段をおりて、左に在る鳥居をスグに発見しました。




DSC00625.jpg




十二支?

…を祀っているのでしょうか?

小さな十二の祠群を横目に急な坂を下りて行きます。




DSC00628.jpg




実際よりも長く感じる下り坂の先、そこからは異次元めいた雰囲気が漂います。

画像はPC画面の映りの暗さを考慮して、明るめになるように意識して撮影しましたが、本当は薄暗い場所であったことを付け加えておきます。




DSC00631.jpg




巨石の下に祀られた祠ですが、今にも押しつぶされそうな雰囲気です。

そして、その独特の雰囲気を醸し出す祠を物珍しく眺めていると、不意にある生物の姿が数回脳裏を過ぎりました。

…で、

己のなんとなくの閃きが怖いので、ここは一礼してからソソクサと退散です。




DSC00634.jpg




ああ…

赤い鳥居の向こう側から現世の光が射し込みます。




DSC00627.jpg




ゼェ~~~ゼェ~~~ゼェ~~~

当然ながら、帰りは急な上り坂でございます。




DSC00635.jpg




上り坂の先、入り口の鳥居を抜ければアトは下り坂の帰り道。

閃きの恐怖は緩和されましたが、ここは油断することなく駐車場へと急ぎます。




DSC00640.jpg




駐車場到着♪




DSC00638.jpg




そして呼吸を整えながら、考え悩むこと約10分。




…昼メシ、何処で食お?




DSC00641.jpg




土地勘もないので、淡路南料金所で降りてスグの所で目に入った看板 《道の駅うずしお》 を思い出し、今回は取り敢えずということで、帰り道ついでに立ち寄りました。

説明するまでもございませんが、橋の向こう側はプ島です。

因みに 《道の駅うずしお》 ですが、この日は大変混み合っておりました。

立ち寄るならば平日がベストなのかもしれません。

そして洲本城天守閣下の八王子神社ですが、帰宅後に気になって調べてみると…




《蛇神を祀っている神社》




…であるということが判明しました。




なるほど…それでか…。




閃きの理由は納得しましたが、そんなことは大した問題ではございません。

それよりも大事なことは、次回の淡路島上陸計画の立案です♪

私にとっては目から鱗の、吊り橋を渡るだけで簡単に行けてしまう兵庫県♪

こうなると月に一度とは言わず、二度でも三度でも♪

…いやいや、

仕事の都合と天候が許せば週に一度だって構いません♪




これからは、プ島に渡る前の頃に戻ってバイクツーリングを楽しめる♪

そんな展望に胸が高鳴りまくりでございます♪




続・9年振りの淡路島です - 2019.05.28 Tue





次はアノ山に登ろう♪




洲本港を見下ろす山の頂に城のような建造物を見つけたので、方向を頼りにソチラへ向かいます。




DSC00637.jpg




洲本城

別名 三熊城
城郭構造 山城、平城
天守構造 連結式(非現存)
(層塔型4重4階、鉄筋コンクリート模擬 )昭和3年
築城主 安宅治興
築城年 室町時代後期
主な改修者 脇坂氏(山城)
蜂須賀氏(平城)
主な城主 安宅氏、仙石氏、脇坂氏、
藤堂氏、池田氏、蜂須賀氏
廃城年 明治4年(1871年)
遺構 石垣、天守台、堀
指定文化財 国史跡
再建造物 模擬天守




…ウィキさん情報でございます。

このような能書きを貼り付けて、俄か愛好者気分に浸ります♪




DSC00606.jpg




天守閣まで徒歩4分と、駐車場にはこのような案内板があります。

麓の温泉街から山道を登り、この位置までは車やバイクで来れますが、ここから先は徒歩移動ということでございます。




DSC00610.jpg




それにしても暑い…




DSC00607.jpg




この日、5月25日の予想最高気温はプ島で30℃…

多分、淡路島も似たようなものと考えられますが、それにしても暑い。




DSC00609.jpg




暑さが原因なのか?

それとも、緩やかながらも上り坂であることが原因なのか?




DSC00608.jpg




呼吸が乱れ始めました。




DSC00621.jpg




…そして、




DSC00622.jpg




ゼェ~~~ゼェ~~~ゼェ~~~




DSC00623.jpg




ゼェ~~~ゼェ~~~ゼェ~~~




最大の難関、本丸大石段が更に私の呼吸を乱します。




DSC00613.jpg




…ギ




DSC00611.jpg




…ギブアップ!




DSC00614.jpg




ゼェ~~~ゼェ~~~ゼェ~~~

呼吸が限界なので、この辺りで少し休憩です。




ゼェ~~~ゼェ~~~ゼェ~~~

…1分…2分

…5分

途中で目の前が暗くなりかけましたが、やっと呼吸が落ち着きました。

…ふう、

やれやれ…

相変わらず難儀なことでございます。




DSC00617.jpg




常人ならば4分程の城跡巡りなれど、私は倍以上の時間を要して頂上付近に辿り着けました。

そして眼下には、先程まで海上の船を眺めていた洲本港の全容が広がります♪




DSC00612.jpg




続日本100名城 洲本城

…へぇ、

そうなんだ。




…しかし、

お侍さんは凄いものだと改めて感心です。

私は下の駐車場までバイクで楽して登ってきましたが、彼等は毎朝、雨が降ろうが台風が来ようが、休むことなく山の麓から登山して、そして登城してから各々の勤めを果たした後、日が暮れる頃にはワザワザ登ってきた山を下りて帰宅するのです。

通勤はエライは、何かあれば切腹させられるはで散々ではありませんか。




…いやいやいや、

私はこの時代に生まれて本当に良かった。

こんな面倒な体験でもしなければ、想像すらしないことでございます。




DSC00615.jpg




いよいよクライマックス!




DSC00616.jpg




ゴールの天守閣(…っぽい建物)までアト僅か!




DSC00620.jpg




そして到着♪




DSC00619.jpg




因みに、この建物は内部に入ることは出来ないようです。

呼吸障害に翻弄されながらも此処まで登りきった私の苦労は何だったのか?




DSC00618.jpg




「苦労の褒美は、吹き抜ける爽やかな風と眼下に広がる美しい景色だよ♪」




そんなモンで誤魔化されるほど心の色はスノーホワイトじゃねぇーよ!




心中独り芝居で痛い悪態をつく私の図。




…クスクス♪

さて、次は何処へ行こう♪




5月25日 土曜日 正午前

私のワクワクとRomanticは、まだまだ止まらないようでございます♪




9年振りの淡路島です - 2019.05.26 Sun





5月25日 土曜日

免業日の午前4時




いや~~~どうしよう? こんな時間に目が覚めちゃったよ!




…不思議なもので、加齢が進むと休日に限って無意味な早起きをするようになります。




DSC00600.jpg




…というわけで、

取り敢えずは陽が昇るのを待ち、軽い朝食を済ませてから兵庫県…

吊り橋を渡り、約9年振りに淡路島へと降り立ちました♪




DSC00598.jpg




今回は突発の思い付きなので特にコレといったプランも無く、軽いジャブ的にR28をノンビリ走って洲本市へと向かいます♪




DSC00602.jpg




…それはそうと、

淡路島を走る神戸ナンバー車両はキチンと信号を守るし、停止線で一旦停止もすれば、道路状況に合わせて徐行もします♪

オマケに交差点は右折優先ではないし、無謀な割り込みも飛び出しもいたしません♪

安全な市街地をバイクで走ったのは何年振りのことでしょう♪

吊り橋を一本渡るだけで世界が一変しました♪

離島とはいえど、さすがは兵庫県♪

このような場所を何年も見逃していたとは、私も随分と迂闊でした。




DSC00603.jpg




取り敢えずは洲本港に来てみましたが、ノープランなので次の移動地に悩みます。




…が、

しかし、

洲本市はなんてキレイな街なのでしょう♪

潰れた空き缶や元ペットボトルといった、道徳から大きく外れたゴミの類が道路脇に転がっておりません♪

…更には、

プ島と同様に、車が無いと買い物一つマトモに出来ない土地であるということは理解出来ますが、土曜日だというのに何処にも渋滞の影が見当たらないというのも驚きです♪

この地の方々は、きっと自宅から200m先のコンビニくらいなら徒歩か自転車で買い物を済ませている方ばかりなのでしょう♪




DSC00604.jpg




久方振りのプ島県外…

3年振りでしょうか?

私、かなり舞い上がってます♪




DSC00601.jpg




…そして、

この舞い上がりを維持しつつ、お話はマダ続きます♪




ハイパービーフカレーです - 2019.05.24 Fri





今回の御紹介は、ハイパービーフカレーでございます♪




DSC00584.jpg




カレーライス

インド料理を元にイギリスで生まれ、日本で独自に変化した料理である。

イギリスでは「イギリス英語: curry and rice(カリーアンドライス)」の他「イギリス英語: Curried rice(カリードライス)」とも呼ばれる。

日本語では省略して「カレー」と呼ばれることが多く、ラーメンと並んで『日本人の国民食』と呼ばれるほど人気がある料理である。

小中学校の給食メニューの人気アンケートでもつねに上位に挙げられている。




…と、

まぁ、相変わらず羽川ウィキペディアさんは何でも御存知です♪




DSC00588.jpg




…で、

今回のビーフカレーでございますが、当食房的に述べるのならばビーフシチューからの発展的な枝分かれ。

仮にビーフシチューが対象に火属性の中ダメージを与えるファイラならば、ビーフカレーはその発展系の、対象に火属性の大ダメージを与えるファイガに変化したものと考えていただければ良いでしょう。

…そう、

当食房においてビーフシチューは上級者コースではございますが、それさえ習得してしまえばビーフカレーなどはオマケとして少し手を加えるだけで出来てしまう物♪

そしてベースがビーフシチューであるが故に具の肉塊も特大であり、それゆえにハイパーを冠する特別仕様となりうる物♪

…と、

まぁ…

前置きはそんな感じで、豪華でありながらも簡単であるハイパービーフカレーを作ってみました♪




DSC00592.jpg




因みに画像(1食分)に映る2つ肉塊は合計で120g

それ以外には約20gの粗挽肉と刻みタマネギもルーに混ざります。

200gのライスが小さく見える上に、少食の方ならば御昼に食べて夕方まで軽く胸焼けが続く分量でございます。




生ハムのサラダ




そしてコチラは生ハムのサラダ♪

カレーだけでは寂しいので、賑やかしの載せ忘れ過去画像でございます♪





…それはそうとして、

日本にカレー(牛肉入り)を伝えたのはイギリス。

そして欧風カレー(牛肉入り)と呼ばれる物の基本形を作り上げたのもイギリス。

現在、そのイギリスには元植民地だったインド・パキスタン・バングラデシュから来た移民の方々も住んでおられるようですが、インドでは牛は神聖な生き物であり、その生き物を食用にするなど以っての外。

…との意識が強かったと記憶しております。




…はてさて、

いったいインドの方々の目には、自国の代表料理が変化したカレーライス(牛肉入り)という料理がどのような形で映っているのか?




ビーフカレーを作る度、私はそんなことを考えます。



続・ドールハウス的な工作です - 2019.05.22 Wed





5月20日 月曜日

プ島は朝から台風のような天候でしたので、業務は午前中で切り上げました。




DSC00538.jpg




そして午後からは…




DSC00546.jpg




塗装の乾きを確認後、妖精さんハウス内に適当な小物を並べてみました。




DSC00545.jpg




う~~~ん

何かが違うような…




DSC00571.jpg




ここでナイスな閃き♪

講師がチマチマと制作していた粘土ベーカリーを全投入です♪




DSC00572.jpg




オオーーーッ! パン屋みてぇーーー♪




DSC00575.jpg




そして、テーブルの上には当食房の人気メニュー♪

これまた講師が再現した、ミニチュアビーフシチューを配置です♪




DSC00578.jpg




…それから、

広々とした室内に学生(研修生)エルノ嬢だけでは寂しいので、社会人(ハウスキーパー)エルノ嬢にも登場してもらいました♪

因みにこの両名、見た目は姉妹っぽい雰囲気を醸し出しておりますが、SF的にもアゾン的にも実は同一人物。

つまりは、販売戦略が生み落としたパラレルワールド的なアレでございます♪




DSC00583.jpg




…最終的に、

妖精さんハウスはカフェっぽい感じで落ち着きました♪

…まぁ、

1/12寸法では頭と手足がアレというか、元々が色々な意味で法則を無視した1/1(原寸大)であるわけだし…。

バランスも悪くないので、本作品はこれで良しといたしましょう♪




ドールハウス的な工作です - 2019.05.20 Mon










DSC00535.jpg









DSC00519.jpg









DSC00536.jpg









DSC00520.jpg









DSC00529.jpg









DSC00521.jpg









DSC00530.jpg









DSC00523.jpg









DSC00531.jpg









DSC00522.jpg









DSC00534.jpg




土日は天気が悪かったので、暇潰しに妖精さんハウスを作ってみました♪




そういえば昔は、こんな感じでジオラマなんか作ってたっけ…




一瞬のノスタルジーに包まれるも、やっぱり面倒だから暫らくは無いと決めた。

そんな夕暮れ時の乾燥待ちでございます♪




あれから3年経過です - 2019.05.18 Sat





俺のナナハンで行けるのは 町でも海でもどこでも
ねぇ あんた 乗せてやろうか
どこまでも どこまでも どこまでも




DSC00500.jpg




…いや、

私のバイクはナナハンではありませんがね。




それにしても久し振り…

3年振りに海を眺めに此処まで来てしまいました。




DSC00501.jpg




普段は信号無視もスマホ使用運転も見て見ぬ振りのクセに、労力の要らない待ち伏せ作戦となると滅多矢鱈と張り切る県警の罠にかかり、哀れ一発免停になったのが3年前。

それがこの、鳴門スカイラインからの帰り道でした。




DSC00503.jpg




ロクな整備もされておらず、コーナーの途中にコンビニ袋に入れ捨てられたゴミが転がっていることだって珍しくはない無法なワイルド道。

私は恐ろしくて、こんな危ない道路をバイクで飛ばそうなどとは思いません。

しかし眺めの良い景色に罪は無く、天気の良い平日にノンビリと目の保養に訪れるには悪くはない場所。

それが私なりの、鳴門スカイラインの楽しみ方でございます♪




DSC00509.jpg









DSC00508.jpg









DSC00510.jpg




帰りは少し遠回りしてみたくなり、R11を香川に抜けてR318からプ島へ向けようと海岸線を走りました。

…が、

その途中で、




《高松 43km》




…の表示を発見!




DSC00511.jpg




えっ! 高松って、こんなに近ぇーの?




DSC00504.jpg





悩みました。

正直な話、プ島内では行ってみたい場所が全く無いだけにコレは魅力的な発見でした。

…ああ、

しかし…




…でも、高松行って何すりゃいいんだ?




…最終的に我に返り、今回は高松行きを見送る事といたしました。

そして東かがわ市内で給油を済ませ、予定通りR318から山を越えてプ島へ戻るは戻ったのですが…




…えっ! 何コレ?




東かがわ市の給油ポイントからプ島の吉野川市までは約25㎞

たった25㎞しか走っていないはずなのにガソリンの減りが激しいような…。




取り敢えずはR318から県道30号線に乗り換え、名西郡 石井町のセルフスタンドでガソリンを入れ足してみるとタンクは4ℓ飲み込みました。




…えっ! リッター10㎞以下になってんじゃんよ!




…最悪です。

どうやら無駄にボアアップしたエンジンと、中身を適当に弄くり回した謎の鉄チンマフラーと、経年劣化したレーシングキャブとの同調が完全に狂った見込みです。




いやぁ~~~どうりでガソリン臭ぇーと思ってたんだわ! 途中でよ!




…誰に聞かせることもない大きな独り言を呟いて、私はその場を立ち去りました。




DSC00514.jpg









DSC00513.jpg










DSC00515.jpg




そして県道30号線をプ島市内へと進み、途中で小腹が減ったことに気付いて来来亭で道草です♪

プ島において希少価値の高い、地獄に仏的な煮詰まっていないラーメン♪

本日も美味しく、そして有り難く頂きました♪




バルサミコ豚丼です - 2019.05.16 Thu





「せっかく覚えたソースをもっと活用したいのですが、タリアータよりも簡単で安く作れる物はありますか?」




先日、バルサミコソースの作り方を学習した男性生徒様よりの御依頼です♪




DSC00492.jpg




取り敢えずは何品かの候補を考えて体験ランチで披露するので、それで気に入った物があったなら次回にトライという形ではどうかな?




…そして数日後、

迷える子羊生徒様は 《バルサミコ豚丼》 に挑戦する運びとなりました♪




バルサミコ豚丼

一応、当食房では作るに手間のかかるバルサミコソースが関わっているだけに中級者コースと認定。

大層なネーミングではございますが、ようは上記のソースをタレとして使用した、豚肉とタマネギの塩コショウ炒め丼でございます♪

肝心のソースさえキチンと作っておけば、アトの手間はタマネギを切るだけという優れもの♪

まさに超簡単且つ豪快な、ダメな男の丼料理でございます♪




DSC00428.jpg




…そして、

コチラも中級者コースの回鍋肉でございます♪




回鍋肉

【回鍋】は【鍋に戻す】という意味で、すでに調理済みの料理を温め直すこと。

よって本来は、塊のまま一度煮た豚肉を切って鍋に戻し、油で炒め直した料理をいう。

日本における家庭用中華料理としては、豚肉の味噌炒めとみなされていることが多い。

とある料理漫画では、回鍋肉の概念とは【一度調理した食材を再び鍋に戻して調理すること】である以上、使用する肉は何でも良いし、合わせる野菜も自由であると語られていたが、個人的には同意である。




…と、

まぁ…

ウィキさんの解説に私の考えを乗せると、




本来は作るに手間のかかる回鍋肉も、日本に渡ってからは簡単中華料理の仲間入りをしましたよ♪




…という意味っぽくなりますが、

そんな飼い馴らされた簡単系豚肉料理であっても、台所初心者にとってはスピルバーグ的な未知との遭遇と変わりはなく、それこそ…




「俺、そんなの作れねぇーじゃん!」




…と、

完全に戦意消失するのは火を見るよりも明らかとなります。




…が、




一に理屈!

二に場数!

途中経過はどうであれ、結果オーライであれば万事OK!




…と、

それが料理理念である私のプロデュースならば、そんな不安なんぞは一発解消のジャーマンスープレックスホールドでございます♪




次回の中級者コースへの挑戦!




愛すべき身の程知らずな野郎共の来訪を、先生は首を長くして待っておりますよ♪




見上げる SUKIYAKI の夜です - 2019.05.14 Tue










DSC00229.jpg









DSC00226.jpg









DSC00240.jpg









DSC00237.jpg









DSC00236.jpg









DSC00235.jpg




…ああ、

彼女達を見ていると、腐った性根が浄化されるようでございます。




一人ぼっちの春の夜を思い出したなら…

空を見上げ、涙がこぼれないように歩いて行かなければなりません。




たかが牛丼、されど牛丼です - 2019.05.12 Sun





己の食事については大雑把で、その食事を作る為に湯を沸かすことは勿論、電子レンジのセッティングをすることさえも面倒だと常々考えている私でございますが、そんな私だからこそ分かる他人の気持ちというものがございます。




「料理は全くのド素人ですが、そんなド素人でも簡単に作れる物を何品か教えて下さい!」




炊事を含む一般家事については、結婚するまでは全てが母親任せ。

そして結婚してからはソレが女房任せへとシフトされ、縦の物を横にもしない生活を長々と続けた挙げ句の果てに見知らぬ離島に飛ばされて、そこで初めて気付く己の低自炊スキル。

…が、

出来ないものが今更どうにかなるわけでもないし、かといって馴染めない味付けの物を外で毎度食べるのも嫌だし…。




…と、

まぁ、

そんな感じで行き詰まり、気の毒な単身赴任の方々が上記の台詞を吐きながら当食房を訪ねて来るわけでございますが、そんな方達だからこそ、私は初回に極力手間のかからない、シンプル且つ簡単な料理を教えることにしています。




DSC00488.jpg




今回の初級コースは牛丼でございます♪

たかが牛丼なれど、台所初心者の方々からしてみれば…




「金を出せば一杯500円で釣りがくるものだけど、だけど作れと言われると何をどうしたら良いものか?」




…されど牛丼へと変貌します。




…しかし、

まぁ、

カレーライスを筆頭に、牛丼や中華飯といったオカズとゴハンがセットになった料理という物は、法則さえ理解できれば作るに簡単で材料も無駄にならず、使用する調理器具や食器類も少なめで済むという利点もあるので、独り暮らしならば是非マスターしておくべき料理であると私は考えます。




DSC00479.jpg




中級は牛リブロースのタリアータでございます♪




タリアータ…

イタリア語で言うところの薄切り。

今回の中級者オペレーションは牛リブロースの薄切りステーキ(バルサミコソース)を作っていただきました♪




タリアータとかバルサミコソースとかと聞き慣れない名称が飛び交うと些か不安にもなりましょうが、バルサミコソースは兎も角として、牛リブロースについては所詮はステーキ肉!

ザックリ簡単乱暴に考えれば、ようは肉を焼くだけのお話でございます!

塩コショウを振って室温に馴染ませ、アトは焼いてしまえば済むお話でございます♪




DSC00466.jpg




そして最後は、上級者コースのビーフシチューでございます♪




…が、

誠に残念ながら、当食房の男性生徒様の中に上級者は皆無でございましたので、コチラの品は先日来訪された女性の生徒様に作っていただきました♪




閑話休題

そういえば私、20代前半の頃は飲み歩いた最後の〆に必ず牛丼を食べておりました。




夜明け間際の吉野家では
化粧のはげかけたシティガールと
ベイビィフェイスの狼たち肘を付いて眠る

なんとかしようと思ってたのに
こんな日に限って朝が早い
兄ィ、俺の分はやく作れよ
そいつよりこっちのが先だぜ

買ったばかりのアロハは どしゃ降り雨で よれよれ
まぁ いいさ この女の化粧も同じようなもんだ

狼になりたい 狼になりたい ただ一度




…中島みゆき的カオス。

私が若かりし頃、夜明け間際の牛丼屋には確かにソレがございました。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

KO

Author:KO
徳島市南島田町の隠れ家にて、ひっそりとお料理教室を営んでおります。

百聞は一見にしかず的な意味合いを含めた体験ランチの為に、2016年・10月より、改修した試食室を一般の方にも開放することにいたしました。

このブログは当食房の代表が随筆として綴る、風変わりな日常の記録でございます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (15)
牛肉料理 (14)
豚肉料理 (22)
鶏肉料理 (12)
魚介料理 (26)
複合料理 (38)
団体料理 (15)
キッズ料理 (22)
個人記 雑記帳 (88)
個人記 バイク (27)
個人記 ドール (63)
個人記 ゴジラ (0)
個人記 交遊録 (7)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR